ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

咳止めシロップ!はちみつとタイムで

time 2018/07/30

咳止めシロップ!はちみつとタイムで

喉がカラカラで痛くて咳が出たらどうしていますか?

風薬を飲みますか?治るまで放置ですか?

温かいお茶やはちみつはおすすめですが、もっと効果的に喉や咳の症状を緩和する方法が咳止めはちみつシロップです。

はちみつが食べられるようになったら、ちいさな子供でも抵抗なく食べてくれると思います。味も美味しいので普通に薬ではなく食用にも良いかと思います。

sponsored link

咳止めシロップの材料

  • タイム 200ccあたり小さじ3
  • はちみつ 砂糖や水あめが入っていないものにしてください

咳止めシロップのつくり方

タイムの成分を煮だします。鍋に水を入れてそこにタイムを入れてお湯を沸かします。お湯が沸いたあとは弱火で20分程度煮だします。

タイムの成分が出たお湯が温かいうちにはちみつと混ぜます。冷めてしまった場合は温めなおしてください。混ぜる割合はタイムのお湯:はちみつ=1:1くらいです。混ぜるはちみつによって必要な量が異なるかもしれませんが、スプーンですくって傾けるとトロトロとゆっくり流れ落ちてくるくらいの粘度にします。

出来上がったら、蓋のついている容器に入れて冷蔵庫で保管してください。使い方はお茶に入れて飲んだり、喉が痛いときは直接シロップごと舐めると良いかと思います。お菓子を作るときの甘味料がわりに使うこともあります。ほぼ、はちみつみたいなものなのでハーブの風味が付く程度の違いしかないので風邪予防に使えます。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link