ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

錠剤クラッシャーの使い方の話

time 2018/11/27

錠剤クラッシャーの使い方の話

錠剤クラッシャーという名前が正式名称かは分かりませんが、錠剤やサプリメントを粉にする道具について

初めて使ってみたときはうまく扱えませんでした。使い方?のようなものを調べても業務用の機械の話やフタを回すだけですりつぶせます。という説明文しか見つからなかったので、結局自分であれこれと試してうまく使えるようになりました。

私のように錠剤クラッシャーを使ってみたんだけどフタは固くて全然回らないし、うまく使えなかった。なんていう方はどれだけいるか分かりませんが、参考までに書いておきます。

sponsored link

フタが途中で固くて回らない

縦に構えてフタを回すと手首が痛くて力が入りにくかったです。

錠剤を入れて蓋を回していると途中でフタがすごく重くなって動かなくなるのですが、その場合は無理をしてフタを締め続けるのではなく一度フタを緩めてください。そのままフタを締め続けるとフタが固すぎて開かなくなります。(体験済み)

容器の底のくぼみより大きいサイズの錠剤は入れない

錠剤が溝にはまらないとうまく力が加わらないのでいつまでも粉になりません。大きいサイズの錠剤をすりつぶして粉にしたい場合は、ピルカッターのような錠剤を切る道具(ハサミの刃にくぼみがあるやつ)を使ってサイズを小さくしてから錠剤クラッシャーに入れましょう。

さっと削れるフタを回す力の入れ加減

錠剤をクラッシャーのくぼみにセットする。フタを軽く締めて、力の入りやすい持ち方にして一気にキュっとフタを締める。

パキッと錠剤が割れる音がしたら一度、フタを緩める。パキッと割れる音がするまで同じ手順を繰り返す。

横向きにしたほうが回しやすかったです。

錠剤が割れたら、粉状にするためにまた、フタを締めていく。今度は一気に締めるのではなく軽く手首をひねらせるようにして回していく。フタを締めていくと回りにくくなってくるので無理はせずにある程度フタが回せなくなったら緩めては再度締めるを繰り返す。フタを締めながらスリスリする感じです。2、3回で細かい粉になります。

錠剤にヒビを入れる手順とすりつぶして粉にする手順とを分けることを考えずにただフタを締め続ければ良いと思っていたのが錠剤クラッシャーを上手く扱えない原因でした。

さらに握力はあまり強くないので回す力がうまく錠剤に伝わらないと錠剤が割れもしないという状態でした。

この方法なら握力に自信がなくてもちゃんと使えますし、逆に握力が強すぎて錠剤クラッシャーを壊してしまった方も力任せにならずにストレスなく錠剤を粉状にできるはずです。

ちなみに錠剤クラッシャーのフタは凹凸が手にちゃんと引っかかるものを選んだほうが回しやすいですよ。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link