ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

懐かしい小樽のパン屋さん 亀十

time 2019/05/18

懐かしい小樽のパン屋さん 亀十

小樽に訪れた際にこちらのサイトを参考にさせてもらい、寄り道してきました。

小樽日記 亀十パン

店内はカウンターとその下のショーケースにパンが並べられているだけのとてもシンプルな内装です。

4人くらい入るとパンパンになってしまう程度の広さです。

そのためか、ゆっくりとは見づらい感じなので初めて行くときは売られているパンをすべて把握するのは難しいかもしれません。

車で行くときは横道に入ると狭いので、くれぐれも曲がるところを間違えないように注意してください。

駐車場もないので店の横にささっと路駐して買いに行く感じになります。

平日の14時台の後半に行ったときには全体の半分くらいが売り切れている様子でした。

早朝から営業されているパン屋さんなのでそうですよね。

なんとかおやつの時間くらいまでは利用ができそうですが、晩ごはん前に好いた小腹を満たすには売り切れが多そうなのであてにはできないです。

近くにセブンイレブンとコープのスーパーがあるので夕方以降はそちらで食べる物を手に入れた方が無難です。

覚えている限りで申し訳ないのですが、

売られていたパンは卵サンド・カツサンド・焼きそばパン・バターロール・揚げパン・ロールパンにクリームが挟まっているもの・あんぱん・クリームパン

というまさに昔からあるパン屋さんらしいラインナップです。

雰囲気から察するに、期間限定のものも度々登場していました。お値段も1つ120円や140円のような100円ちょっとのパンが多かったです。お買い物金額がすごい早さの手計算という驚きの昭和チックさ。

こちらはロールパンにクリームが挟まっているものです。挟まっているのは期間限定の苺クリームです。

たしか、普通の白いクリームが挟まったタイプもありました。

ちゃんと苺のジャムでしょうか?苺が砕かれてクリームに混ざっていました。練乳っぽい甘さも加えて食べやすく調理されているように感じました。

外側のコッペパンも非常にあっさりしていて、何?油使っていないの?って言うくらいでした。

素朴な味で美味しかったです。

海を眺めながら食べるとより美味しく食べられそうです。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link