ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

ステーキビッグボーイって?普通のヴィクトリアと何が違うの?

time 2019/04/06

ステーキビッグボーイって?普通のヴィクトリアと何が違うの?

札幌のヴィクトリアステーション清田店がステーキビッグボーイとしてリニューアルオープンしたようです。何が変わったのか公式ホームページには載っていないのでこれから行く人たちのために実際に訪れた様子をご紹介しておきます。

sponsored link

gオーダー制のステーキがある。

薬味と合わせて食べることができます。最低単位がそれぞれ設定されていて、それ以下の量では注文できないので注意。

注文はタッチパネル方式

方法はちょっとややこしいです。戸惑う方が多そうなので、写真で詳しく説明します。

初めに来店人数を選んだ後、メニューの注文を入れる画面になります。

この番号はどこの番号を入れるのかというと値段の横にある赤色の四角に白い字で書いてある数字のことです。ちなみにオーダーカットステーキは番号が振られておらず、なぜか999番のようです。

注文へというボタンを押すと確認画面になります。ここでご注文確定のボタンを押すと初めて注文をしたことになります。間違ってタッチしてもここで直せば大丈夫です。

注文の仕方の紙があったので予習しておくとスムーズに注文できそうです。

さらにオーダーカットステーキを注文した人はもう一作業残っています。このような札が席に用意されているのでこれを持ってステーキカウンターまで行きます。

ここですね。ここで注文したいステーキの種類とgをお店の方に伝えてお肉をはかりで量ってもらうまで待っています。

タッチパネルではお肉の種類を決定できないみたいなので、くれぐれも注文間違えの無いように頑張ってください。

個人的には立って待っているのが意外としんどいです。

こちらが薬味コーナーです。横にある焼肉屋さんのタレを入れるような感じの横皿に入れて席へ持って帰ります。

熟成サーロインステーキを頼みました。300gで半分食べたところなので写真のは150gくらいだと思います。レアで頼んでも来るまでに結構火が通るのでレアにするとミディアムくらいで届きます。

改装後に変わったところ

2店舗ほどまわってみましたが、他のヴィクトリアステーションは変化していないようです。

メニューも変更は無しでした。

カレーが黒カレーになっていた

吉野家で食べた黒カレーにそっくりです。こってり系です。スパイスの辛さは無くなって、ドロッとした甘めのカレーでした。

カレーの具がお肉だけなのでちょっと寂しいです。前はジャガイモと人参も入っていたので。

スープバーが3枠になった

コーンスープはずっと置いてあってオニオンスープ、中華スープ、レッドチリスープから2種類が選ばれます。前は日替わりのスープは1種類でした。

オニオンソースの味が変わった

卓上にあって使いたいだけ使えるのはありがたいのですが、甘ったるくて私の好みではありませんでした。他のメニューを頼んで付いてくるオニオンソースも同様の味でした。こっそり醤油も現れていました。

岩塩とコショウは今まで通りに置いてありました。


以前のオニオンソースが気に入っていたので残念です。今度は別のソースを試そうかと思います。

以上の変更された点で困ったことがあったら、他の店舗のヴィクトリアステーションへ行けば以前のままなので大丈夫ですよ。

以上、ステーキビックボーイのレポートでした。

2019年4月時点での情報です。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link