ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

アロマオイルのブレンドは難しい?簡単に良い香りを作る法則

time 2019/06/09

アロマオイルのブレンドは難しい?簡単に良い香りを作る法則

アロマオイルを混ぜるのは詳しい知識が無いとできそうにないと思っていますか?そんなものは無くても大丈夫です。

知識が無い初心者でもポイントを押さえてアロマオイルを混ぜるとちゃんとしたブレンドを作ることができます。

なので気軽にチャレンジしてみてください。

みなさんはアロマオイルをブレンドしてますか?ずっと1本だけで使っていますか?元々ブレンドされて売っている物を使っていますか?

それはもったいないですね。それでも植物の恩恵を得ることはできますし、様々なブレンドされたアロマオイルが売られているので困らないかもしれませんが……

なんとなく、ピンとくる香りが無い。好きな香りが無いな……と思ったことがあるのならばぜひ自分でアロマオイルを組み合わせてブレンドしてみてください。

好きな感じがする香りは体が本能的に欲していることがあるので、その香りを嗅ぐと体の調子が良くなることもあるのです。

sponsored link

簡単に良い香りの相性でブレンドする方法

アロマオイルのショップなどで精油の香りの系統が紹介されている項目を見ることができます。

その項目に合わせてアロマオイルを混ぜるだけです。複数を組み合わせると複雑になってしまうのでとりあえずは2、3種類にしておくと安心です。

基本的には1:1の割合で混ぜてみて、後は自分の好みで割合を調節していくと良いです。

ウッド系は樹木系と書かれていることがあるなど、多少の表記のズレはあるかもしれません。

以下は個人的におすすめする香りの組み合わせです。

ミント系+ウッド系

清潔さを感じるピリッとした香りになります。すっきりするので冷静になりたいときに向いています。靴の匂い消しなんかにも使ったりしてます。

ウッド系+柑橘系

さわやかな香りです。元気を出したい気分のときや目を覚ましたいときにおすすめです。

集中力アップに勉強や作業のお供にも良いです。

柑橘系+ミント系

吐き気や人、乗り物に酔ってしまった場合は最適だと思います。

煙草の臭いを緩和するのにも使えます。

ローズ系+ローズ以外のフラワー系

女性らしさを感じるやさしく甘い香りに仕上がります。

普通にローズ系同士でブレンドすると甘すぎる香りになりやすいと個人的には思います。

かえってしつこい香りになりやすいので、それが原因でローズの香りが苦手な方が一定数いるのではないでしょうか。

そこで他のお花の香りとブレンドすることにより、ローズ特有のふんわりとした香りを損なうことなく万人受けしやすい香りに調節すると使いやすくできると思います。

また、体がほぐれる効果のものが多いのでオイルマッサージに使うブレンドとしても使えます。

ローズ系+柑橘系

ローズの香りは使いたいけど、甘い香りが嫌いな場合は柑橘系の精油と一緒に混ぜるとうまいこと緩和できるのでおすすめです。ローズには美容成分が数多く含まれているので香りが好みで無くとも使いたい場合はブレンドして使いやすい香りに調節してから使うと良いかと思います。

ローズの香りがもたらす良い効果4つ

ミント系+フラワー系

やさしい香りにしたいけど、甘すぎるのは嫌。という方は何か好きな香りのお花の精油とミントを合わせてブレンドしてみてください。

ふわっと香るお花の香りをミントがきゅっと引き締めてくれるので、中性的なバランスが取れた香りになります。

 

たった2種類でもこんなにもバリエーションがあります。アロマオイルをブレンドして使うのは楽しいのでぜひお試しください。

柑橘系の香りがもたらす良い効果5つ

skeezeによるPixabayからの画像

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link