ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

アロマオイルを塗る

sponsored link

使用しようとしているアロマオイルに精油(エッセンシャルオイル)と表示があるか確認する

材料の植物以外の混ぜ物が無いかの確認のためです。精油(エッセンシャル)と表記がないものは肌に塗るために作られていない可能性があるので安全のために確認しましょう。

身体に塗るアロマオイルは原液で使用しない

アロマオイルを身体に塗るときは必ずキャリアオイルと呼ばれる肌に優しい油で薄めて使用します。(一部例外はありますが説明が複雑になってしまうのでこの場では割愛します。)

原液のまま皮膚に使用すると、アロマオイルの成分を多く摂り過ぎて肌に負担がかかってしまったり具合が悪くなる可能性が高くなるからです。また、このキャリアオイルには体の広範囲に塗るときにアロマオイルを広げやすくする役割もあります。

ホホバオイル、スイートアーモンドオイルなどがあります。

アロマオイルとキャリアオイルの薄める割合

使用するオイルの種類により1%~4%ほどの濃度の上限のひらきがあります。また、皮膚との相性もあるので一概には言うことができませんが、安心して使用するという意味ではキャリアオイルに対して1%ほどにしましょう。

フロクマリン(フラノクマリン)類のオイルは日光に注意

アロマオイル中の成分にフロクマリン(フラノクマリン)類という有機化合物の一種である物質が含まれていると日光と反応して皮膚や関節の炎症を引き起こす可能性があるからです。この作用は光毒性と呼ばれています。

使用しているオイルにフロクマリン類が入っているかどうかは成分表に表示されていますが、確認する手間はとりたくない、覚えるのが億劫という方は日が沈んだ後にオイルを塗るのであれば一晩は日光に当たらずに済むので、オイルの成分の吸収は終わるので安心です。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link