ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

これだけで大丈夫、アロマオイルを安全に使うための知識

time 2018/02/15

これだけで大丈夫、アロマオイルを安全に使うための知識

sponsored link

アロマオイルを使うときに最低限、気をつけること

  • 精油またはエッセンシャルオイルと表記されているか確認する
  • 食べない、飲まない(一部に例外はあります)
  • 体に塗るときは原液ではなくオイルで薄める
  • アレルギーであればアレルギー症状の出る種類のオイルは使わない
  • 初めて使用するオイルは試しに少量を使用して体に異常がないかを確認(パッチテストと呼びます)してから、実際に使用する
  • 妊婦さんや体力のない方、高血圧・低血圧の方は使用できないオイルがあるので避ける
  • ペットがいる方はペットの種類によって害のあるオイルがあるので避ける

以上が安全にアロマオイルを使用するための最低限の注意事項です。

その他にも細かい注意事項はあるのですが、私は以上のことしか知らないままにアロマオイルを使用し始めましたが、あとの細かいことは疑問に思った時点で確認してゆけば大丈夫でした。

ここからは上に挙げた項目について具体的に説明していこうと思います。

精油またはエッセンシャルオイルと表記されているか確認する

これはアロマと名の付くもの全てが必ずしも植物成分が100%のアロマセラピー(アロマテラピー)に使用できるものを指すとは限らないからです。

このブログでアロマオイルと呼んでいるものは100%が植物から有効な成分が抽出された精油またはエッセンシャルオイルと表記されているもののことです。

香りだけを人工的に作られた液体ではそこに含まれる成分が全く違うので期待されているようなリラックス効果などが得られなくなってしまうので必ず確認しましょう。

また、値段が高いほうが信頼できるや効果が高いなどの意見もありますが、

私が使用した経験では値段を判断材料にするよりは上の写真のように茶色や青色のような(緑もあったかもしれません……)遮光瓶に入っていてオイルの劣化の原因になる日光を遮っているかと

精油(エッセンシャルオイル)と明記されているかの2点に気をつけて購入をすれば大丈夫です。

食べない、飲まない(一部に例外はあります)

これはアロマオイルが植物の成分を高濃度で抽出したものなので摂取する成分によっては健康を害する危険があるのでそれを避けるためです。

例外として海外では医療機関でメディカルアロマと呼ばれていて品質が高いと認められているものを内服する場合があるそうです。フランスが有名です。

つまり、個人が趣味や健康づくりに役立てるという利用目的の場合は安全性を重視して口に入れないほうが無難ということです。

(基本的には)体に塗るときは原液ではなくオイルで薄める

これも上でも説明した通り、大量に摂取しては危険な成分を身体に入れないようにするためです。

ティーツリーのように刺激が少ないオイルで原液で使用することが可能なオイルもあります。ただし、使用者の肌との相性にもよります。肌が弱い方はやめておいた方が良いかと思います。

詳細は長くなってしまうので興味があればメディカルアロマの分野を勉強してみてください。

アレルギーであればアレルギー症状の出る種類のオイルは使わない

例えばラベンダーであればシソ科なのでシソアレルギーの人はそれを避けるということです。

初めて使用するオイルは試しに少量を使用して体に異常がないかを確認(パッチテストと呼びます)してから、実際に使用する

アレルギーの心当たりがない方も初めて使用するアロマオイルは少し皮膚に使用して腫れたり、赤くなったりしないか体調の変化を確認してから使用したほうが安全度は高まります。

妊婦さんや体力のない方、高血圧・低血圧の方は使用できないオイルがあるので避ける

考え方によっては使用できないオイルの種類は多少異なるのですが、絶対に使用しないほうが良いオイルも存在していますので該当する方は確認してください。

ペットがいる方ペットの種類によって害のあるオイルがあるので避ける

詳しくは知りませんが、猫への使用は危険だそうです。

アロマオイルの毒素を分解できずに体内に溜まって命に関わるからです。非常に薄い濃度にすれば種類によっては使用が可能だったという意見もありますが、人が通常使用する濃度では間違いなく危険なのでやめましょう。

特にペットにアロマオイルを塗るのは濃度の調節が大切なので必要な知識を身につけてからにしましょう。

安全なオイルの種類を把握した上でペットが舐めてしまわないように気を付ければ、芳香浴なら危険が少ないので試しやすいです。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link