ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

できる限り簡単に芳香浴する方法

time 2018/02/16

できる限り簡単に芳香浴する方法

芳香浴の記事で紹介した一般的な香りの楽しみ方ですが……

ちょうど良い容器が家にない……片付けをもっと簡単にしたい。

頭からタオルをかぶっても香りが感じづらい……

などと普通の方法では満足がいかないという場合はこちらの方法はいかがでしょうか?

sponsored link

紙コップのような使い捨て容器で芳香浴

100円ショップで売られているような紙コップや水漏れが心配な場合はプラスチック製のコップにすると良いと思います。その使い捨て容器の中に湯気の出るお湯とアロマオイルを入れます。

この方法なら容器を洗わなくて済むのでアロマオイルの洗い残しの心配もなく、ホテルなどの外泊先で部屋の匂いが気になるときにも使用できます。

必要なもの

  • 使い捨ての紙(プラスティック)コップ
  • お湯

ビニール袋で芳香浴

空間で香りを楽しむよりも自分が香りを感じて体調を整えたいときにはこの方法がベストだと思います。

頭からかぶるタオルも必要ありません。

息を吸い込む力があまり強くない方にも湯気が集中しやすいので息が吸いやすく、オススメです。

小さめのビニール袋にアロマオイルを染み込ませた(多くとも5滴程度で良いでしょう)ティッシュを入れます。次に大さじ3、4杯くらいのお湯をビニール袋の中のテッシュにかけます。

そうするとビニール袋の口から湯気が出てきますので、顔の下に置いて香りをかぐだけです。変な香りになってきたら終了しましょう。

使用後はそのまま捨てることができるので持ち運びには便利です。

必要なもの

  • ビニール袋(100枚入りとかで安く売っているもので十分です)
  • ティッシュ
  • お湯
  • お好きなアロマオイル ユーカリブルーガムがおすすめです

中身のお湯には直接触れないように

ビニール袋の底に少しお湯が溜まるのでやけどをしないように触らないか、ハンカチやタオルのような布を下に敷いてくださいね。

必要な物は蒸しタオルのみ。一番道具が少ない芳香浴

蒸しタオルにアロマオイルを2,3滴垂らして顎の下に持っていくだけです。
香りのついた湯気を浴びられるので、簡単に芳香浴ができます。ついでに顔も温まります。
終わった後にしばらくその辺にタオルを放置しておくと、残ったアロマオイルは空気に飛んで無くなるので洗濯機に入れても大丈夫になります。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link