ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

芳香浴が効果的な場所

sponsored link

芳香浴はすぐできて、お手軽です

湯気の出るくらいの温度のお湯にアロマオイルを数滴入れて香りを楽しむ方法です。

マグカップに入る量のお湯ならアロマオイル3~5滴ほどでちょうど良いかと思います。

このお湯を入れる容器は飲食用とは別に用意することが望ましいですが、無理な場合は使用後は洗剤でオイルを落としたあとに塩素漂白して完全ににおいと油が取り除かれたことを確認してから飲食に使用してください。

より強く香りを感じたい時はお湯の入った容器と自分の顔をタオルで覆ってその中で呼吸すると良いそうです。

必要なもの

  • お湯
  • お湯を入れる容器(マグカップがオススメ)

芳香浴の活用法

トイレに置く

匂いの気になるトイレに15分ほどこの芳香浴の容器を置いてトイレを閉め切っておくと、嫌な匂いがかなり良くなる気がします。

ティーツリーやユーカリブルーガム、ラベンダーなどの殺菌力が高めのものを使用するとより効果が高まります。

お風呂場に持っていく

アロマオイルを入浴するお湯に入れるには原液で使用することはおすすめしません。アロマオイルがお湯と混ざりきらないので原液が直接肌に付着してしまう可能性があるからです。原液が体に付着すると皮膚に負担がかかるのでそれを避けるためにアロマオイルを薄めるための油(キャリアオイルと呼ばれます)や天然塩と混ぜてバスソルトを作るなどの工夫が必要になります。

それほどの手間はかけずに手軽に入浴中にも香りを楽しみたいという方はこの芳香浴の容器を入浴中にお風呂場に置いてお風呂場の扉を閉めることで手軽にアロマオイルを取り入れることができます。

寝る前の入浴でリラックスしたい方はラベンダーやローズ系、疲れがたまっていてリフレッシュしたい方は柑橘系のものがオススメです。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link