ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

アロマオイルと精油とエッセンシャルオイルの違い

time 2019/01/09

アロマオイルと精油とエッセンシャルオイルの違い

アロマオイルという言葉は聞いたことが多い単語かと思います。なぜなら、雑誌やリラクゼーション専門店や美容関連の話題などで幅広く使用されていますから。最近だと100円ショップでもアロマオイルが売られていたりもします。(ただし、100円ショップで売られているアロマオイルは香料が入っているだけで、香りだけを楽しむことが目的で作られているので本来のアロマオイルとは全くの別物ですが。)

また、エッセンシャルオイルなんていう呼び方もあります。私もアロマオイルを使おうと思っていろいろと調べてみて初めて目にした言葉でした。なんだか混乱しますよね。

精油やエッセンシャルオイルという言葉よりもアロマオイルの方がよく耳にしますし、アロマオイル(精油)なんていう表記も世の中には存在しているからです。

結論から言うと、天然の成分100%で構成されている物ならばアロマオイル、精油、エッセンシャルオイルは全て同じものを指します。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものである。

AEAJより引用

違いはアロマオイルだけは抽出された植物の成分以外に混ぜ物が入っていても表記ができるそうです。

なので植物から得られる健康効果や美容効果、抗菌効果を目的に使用される方はアロマオイルという表記とは別に精油またはエッセンシャルオイルと裏に表記されているものかをよく見ておくと安心して使用できます。

100パーセントが植物から抽出されているので例えば嗅ぎ慣れているオレンジでもよくあるオレンジ香料とは比べ物にならないくらいフレッシュで良い香りなのです。

同じ香りを楽しむものでしょ?じゃあ、安いし香料やその辺の香水でいいじゃん。などと思わずに香料とは全く違う天然の香りを楽しんでみてください。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link