ほっと一息

アロマと心理学と食べ物の情報を気前よく提供していきます。

[実録]重度の肺炎を自力で治した話

time 2019/04/30

[実録]重度の肺炎を自力で治した話

入院レベルの肺炎になるまでから自分なりに自宅療養をして医者に肺炎が治ったと診断を受けるまでにやったことをできるだけ詳しくまとめました。

以前に書いたときは話がごちゃごちゃしてうまく書けなかったのでもう一度分かりやすいようにまとめなおしました。

肺炎ってどんな症状なのか分からない人や肺炎になってしまった人には参考になると思います。

まずは概要から。このような経過でした。

この記事が7だとして、数字の部分と記事の番号の内容が対応しています。

sponsored link

重度の肺炎でもこうして治りました。

[実体験]こんな症状にご注意!1年も続いたら肺炎かも

肺炎が発覚する前の症状を思い出せるだけ詳しく書きました。同じような症状の人は急いで対策をしてください。

肺炎に良かった食事

あまりにも重度の肺炎になって具合が悪くなると普通の食事が食べにくくなります。治りを早くするために消化の良い内容にしました。

喉のトラブルにおすすめのマシュマロウドリンク

のどが痛い、腫れたなどの症状に良いので風邪の流行る季節には大活躍します。

去痰作用のハーブ。呼吸器の感染に良いアロマオイル

肺の中のよどんだ空気をどうにかしたくて対策をしました。

3つのストレッチで柔軟な体に

深呼吸ができなくなっていて驚いたのと、その対処法。体が硬いと肺もうまく動けないみたいです。

消化がしやすかったたんぱく質

病気になったときは栄養補給も大切なのですが、栄養を入れすぎて消化不良になることも防がないと体内に入れた栄養をうまく使うことができないのです。

余分な栄養はかえって体に負担をかけてしまうので、必要量を見極めるのが難しいです。

肺炎で気を付けていたこと

たいしたことではないのですが、日常でのちょっとした配慮です。病み上がりだったので適当に過ごしているとすぐに調子が崩れるのです。

 

このように対策をしていて3ヶ月くらい経つとようやく病院でも治ったと診断されました。

レントゲン検査などが終了して後は経過観察になり、一応肺炎が治ったという状態まで回復しました。

栄養を取らない、歩かない、体を冷やすことを避ければ肺炎にならずに済むと思いますのでどうぞお大事に。

sponsored link

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

プロフィール

roro

roro

頭脳労働には甘いものが欠かせないタイプです。 連絡先 mihegyo631@svk.jp



sponsored link